プロジェクターとは

プロジェクターとは

プロジェクターとはスクリーンに映像を投射する投影機のことです。パソコンやDVD、ブルーレイなどの機器と接続し映像信号を受け取って映像を投影します。

スポンサードリンク

プロジェクター種類は2種類

プロジェクターの種類は大きく分けてホーム(家庭)用とビジネス用があります。

ビジネス用プロジェクター

ビジネス用プロジェクター

プロジェクターにパソコンを接続しパワーポイントやウェブページなどをプロジェクターで表示します。2000年代前後までは画面縦横比率が正方形に近い4:3でしたが、パソコンのワイド化に伴い、最近のプロジェクターの画面縦横比は16:10が主流です。

画面も明るさについても年々技術の進歩により、10万円以下のプロジェクター機種でも3600ルーメンの明るさのモデルも発売されていて、明るい環境でも画面が暗くなりにくくなっています。

ホームシアター(家庭)用プロジェクター

ホームシアター用プロジェクター

DVDやBlu-rayなどの映像再生機器とプロジェクターを接続し、映画やライブ映像、テレビなどを自宅で視聴することがメインのプロジェクターです。
プロジェクターの画面縦横比率もビジネス向け16:10ですが、ホームシアター向けプロジェクターはテレビと同じワイド画面の16:9となっています。
液晶テレビ同様、高解像度化が進み、フルハイビジョンモデルから4Kに対応したプロジェクターへとラインナップも整いつつあります。

最近ではプロジェクターとの接続にストリーミング端末やゲーム機などと接続する使い方も多く、大画面でYoutubeを楽しむといった使い方もされています。

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ビジネスプロジェクターランキング

ホームシアタープロジェクターランキング