プロジェクターに定期的なメンテナンスは必要?

プロジェクターは精密機器ですので定期的なメンテナンスを行うことで長期間のご使用が可能になります。
今回は代表的なメンテナンス方法を紹介します。

スポンサードリンク

プロジェクターのメンテナンス方法

ランプ交換

Lamp

一般的なプロジェクターは2000時間~3,000時間でランプ寿命が来て画面が少しづづ暗くなってきます。長期間使用するとランプの交換が必要になります。

プロジェクターの設定画面から使用時間を確認したり、画面にランプ交換の表示が出たらランプを交換しましょう。
ただし、最近ではランプ交換が不要のLEDやレーザープロジェクターも増えています。

レンズの汚れ

プロジェクターのレンズの汚れ

プロジェクターを使用していると、レンズ面にホコリや汚れがついてきます。
レンズクリーナーなどで丁寧にふきとりましょう。

エアフィルターの汚れ

フィルターの汚れ

プロジェクター本体側面に用意されているエアフィルター。ここにホコリがくっついていると冷却がうまくいかず、故障の原因となってしまいます。
定期的にフィルターを外し、掃除機などを使って清掃を行いましょう。

まとめ

以上、プロジェクターのメンテナンスについて紹介しました。
各方法については取り扱い説明書に記載されていますので、説明にそってメンテナンスを行いましょう。

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ビジネスプロジェクターランキング

ホームシアタープロジェクターランキング