プロジェクターの仕様にある画素数(解像度)ってなに?

プロジェクターのカタログのスペック表に記載されている画素数(または解像度)はどういう意味でしょうか?

スポンサードリンク

プロジェクターで採用されている画素数(解像度)

画素数(解像度)とは

画素数とは画面のきめ細かさを示すための値になります。一般的に縦と横の点(ドット)の数で表されています。その点(ドット)の縦横の数を表示しています。

EPSONのプロジェクタースペックを確認すると画素数の項目には1280×800、解像度の項目にはWXGAと表示されています。画素数(ドット)の数が横に1280個、縦に800個あるという説明になります。

画素数からアスペクト比(縦横比)が決まる

アスペクト比

ドット(点)は正方形なので、縦と横のドット数の比率から16:10のアスペクト比となります。ドットの数が横に1280、縦に800だった場合、縦横の比率より16:10という結果になります。

数値が大きいほどより細かい表現が可能

画素数(解像度)の数値が大きければ大きいほど点の数が多くなるので、より細かい表現が可能となります。例えば同じ画面サイズで、フルハイビジョンと、4Kの画素数(解像度)を比べてみた場合、フルハイビジョンは1920×1080 、4Kは 3840×2160 となり4Kはフルハイビジョンの4倍高精細となります。

プロジェクターで採用されている画素数(解像度)

プロジェクターに採用されている画素数(解像度)をまとめてみました。

ビジネスプロジェクターの代表的な解像度

ビジネスプロジェクター解像度

2000年初頭まではSVGAやXGAのプロジェクターが多く発売されていましたが、最近ではパソコンの画面が16:10に移行しつつあるためWXGA が主流になりつつあります。

名前 画素数 アスペクト比
VGA 640×480 4:3
SVGA 800×600 4:3
XGA 1024×768 4:3
SXGA 1280×1024 4:3
WXGA 1280×800 16:10
WUXGA 1920×1200 16:10

ホームシアタープロジェクターの代表的な解像度

ホームシアタープロジェクター解像度

ホームシアタープロジェクターでは高解像度化が進んでいます。家庭での使用ではDVDやブルーレイ、デジタル放送を視聴することが多いためアスペクト比(縦横比)はワイド(16:9)のタイプがほとんどです。

エントリーモデルのプロジェクターの中にはWXGA 1280×800 16:10モデルがありますが、フルハイビジョン化が進み、今後4K対応プロジェクターが充実してくるでしょう。

名前 画素数 アスペクト比
WXGA 1280×800 16:10
ハイビジョン 1280×720 16:9
フルハイビジョン 1920×1080 16:9
4K 3840×2160 16:9

まとめ

画素数(解像度)は画面のきめ細かさを表示するための指標となります。使用目的にあったプロジェクターを選ぶ際には一度確認しておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ビジネスプロジェクターランキング

ホームシアタープロジェクターランキング