EH-TW5350とEH-TW5200比較レビュー 価格重視ならEH-TW5200、画質重視ならEH-TW5350がおすすめ

EH-TW5350とEH-TW5200比較

2015年8月下旬にエプソンからホームシアタープロジェクターEH-TW5350が発売されました。EH-TW5350EH-TW5200の後継機という位置付けなのでEH-TW5350とEH-TW5200どちらがおすすめモデルか比較してみました。
結果からいうと価格優先ならEH-TW5200、画質重視ならEH-TW5350です。

EPSON EH-TW5200

EPSON EH-TW5350

スポンサードリンク

EH-TW5200とEH-TW5350を比較する

機種 EH-TW5350 EH-TW5200
明るさ (ルーメン) 2500 2200
コントラスト比 35000:1 15000:1:
スピーカー 5W×1 2W×1
騒音レベル 29 dB 29 dB
レンズシフト機能
100インチ時の投影距離 272cm 〜 327cm 272cm 〜 327cm
本体寸法(幅×奥行×高さ) 297x245x114 mm 297x247x105 mm

EH-TW5200EH-TW5350仕様を仕様表にまとめてみました。

本体サイズ、外観

EH-TW5350とEH-TW5200比較

写真左がEH-TW5350、右側がEH-TW5200です。本体サイズは2機種共ほとんど同じサイズ、EH-TW5350の方が本体高さが少し高い程度。2機種共とってもコンパクトな印象です。本体色は白なのでリビング等に設置しても違和感を感じにくくなっています。

リモコン比較

リモコンも基本的にはほとんど変化はありません。唯一の変更点として、EH-TW5350のリモコンには右下に「Home」ボタンが配置されたぐらいです。

EH-TW5350初期起動画面

EH-TW5350初期画面

EH-TW5350は初期画面でホームメニューが表示されるようになりました。スマホやタブレットなどと無線通信ができるようになったので、より簡単に操作できるよう配慮が感じられます。

画質比較

EH-TW5200画質

EH-TW5350画質

EH-TW5350画質

EH-TW5350画質

画質の違いですが、スペック通りEH-TW5350の方が確実に画質は向上していました。暗いシーンなどではEH-TW5200と比べて黒の沈み込みがよくなっている印象です。ただし、2機種共に10万円以下の価格相応の画質という範囲で黒浮き(黒がグレーっぽい)はあります。

EH-TW5350画質モード

またEH-TW5350の画質モードに新たにブライトシネマモードが追加されました。真っ暗にできない環境でコントラストも重視したいという場合、ブライトシネマモードがおすすめです。ダイナミックモードにすると、多少明るい環境でも映像が認識できるレベルとなります。EH-TW5200の2,200ルーメンからEH-TW5350は2,500ルーメンなので、明るい環境でよく視聴するという場合はEH-TW5350がおすすめです。

設置性

EH-TW5350設置性

EH-TW5350EH-TW5200の投射距離は全く同じです。レンズシフト機能も搭載されていません。2機種とも100インチを投射する際に必要な距離は272cm〜327cmと比較的短い距離で投影することができるので、限られた設置環境でも大きい画面を投影することが可能です。

スピーカー、動作音

スピーカー位置

EH-TW5350EH-TW5200にはスピーカーが内蔵されているので再生機器とHDMIケーブルで接続することで簡単に映像と音楽を出力することができます。EH-TW5350は5W×1、EH-TW5200は2W×1と多少スペックアップしています。聴き比べてみたところ、EH-TW5350は少し音が大きくなったかな?という感じ。2機種共に本格的なサラウンド環境を再現するというレベルではないので音質は期待しないほうがいいと思います。

動作時のファンの音は2機種共少し大きめ。静かなシーンなどでは「フォーン」と低いファンの音が聞こえるので、視聴位置からプロジェクター本体をなるべく離すよう工夫が必要です。

EH-TW5200とEH-TW5350比較まとめ

外観や画質、設置性など比較してみましたが、2015年9月時点でEH-TW5350は約10万円、EH-TW5200は約8万円と約2万円の価格差があります。約2万円の価格差を考えると、画質を重視する人はEH-TW5350、コストパフォーマンスを重視する人はEH-TW5200がおすすめです。

初めてホームシアターを楽しむ人なら、十分EH-TW5200でも満足いくレベルだと思います。ただし、絶対的な画質はエントリークラスなので、黒の沈み込みや色の階調性などはスタンダード、ハイエンドモデルには及ばないものになってきます。少しでも画質が良いモデルというのであれば10万円程度の予算であればEH-TW5350、15万円ぐらいの予算でああれば、ひとつ上のEH-TW6600をおすすめします。

EH-TW5200から入れ替えるほどではない

現在EH-TW5200を使っている人がEH-TW5350に買い替えるほどの進化ではありませんでした。確かに画質の向上は確認できましたが、EH-TW5200だけで視聴しても問題ないレベル。比較して画質が良くなったなとわかるレベルで、設置性や動作音などもほとんど変化がないので大きな理由がない限り、そのままEH-TW5200を使うことをおすすめします。

この記事をシェアする!

関連記事

スポンサードリンク

ビジネスプロジェクターランキング

ホームシアタープロジェクターランキング