エプソンEH-TW5650は画質と価格のバランスが取れたオススメな一台!

エプソンより2017年8月末に発売されたホームシアター用プロジェクターEH-TW5650が発売されました。
今回1週間ほどお借りすることができたのでレビューします。画質や設置性などチェックしてみましたが、EH-TW5650は前モデルより画質や設置性が大幅に向上し、これからホームシアターを導入する方にオススメの1台といえます。

スポンサードリンク

EH-TW5650の特徴

EH-TW5650

EH-TW5650はエプソンより2017年8月末に発売されたフルハイビジョン対応ホームシアター用プロジェクターです。販売価格は約13万円とホームシアター用プロジェクターのラインナップとしてはエントリークラスに位置するの機種です。

スペック

EH-TW5650のスペックは以下のようになります。

機種 EH-TW5650
明るさ 2,500lm(最大)
解像度 1920×1080
コントラスト比 60,000:1
スピーカー有無 10W×1
レンズシフト機能 上下あり
100インチ時の投射距離 295cm~478cm
本体サイズ(W×D×H) 309mm×278mm×107mm
重量 約3.5kg
騒音レベル 27dB(最少)

内容物一覧

EH-TW5650内容物

内容物はプロジェクター本体、リモコン、取扱説明書、電源コードです。

EH-TW5650リモコン

リモコンはビジネス用プロジェクタータイプではなく、ちゃんとホームシアター用のリモコンが同梱されています。

EH-TW5650リモコン

ただし中級クラスのプロジェクターリモコンにあるボタンが点灯する機能はついていません。

ゴムクッション同梱

前モデルのEH-TW5350にも同梱されていた逆さ設置用ゴム足が同梱されていました。

プロジェクター本体にゴムクッションをつける

この逆さ設置用ゴム足ですが、設置位置が高い場所でプロジェクターを棚に設置した場合、画面が上に位置してしまうときに使用します。このようにプロジェクター本体上面に逆さ設置用ゴム足をくっつけて…

プロジェクターを反対に設置できる

プロジェクター本体を上下逆さに設置します。あとは設定画面で画面を上下反対にすることで画面を下方向に位置することができるようになります。

外観

本体デザイン、サイズ

EH-TW5650本体デザイン

本体はホワイトのみとなっていいて、リビングなどでプロジェクターを使用していても違和感がないような本体になっています。

本体のサイズはW309mm×D278mm×H107mmでフルハイビジョン対応プロジェクターとしては一般的なサイズです。そこまで大きくもないのでリビングに設置していたとしても邪魔になる事はないと思います。

接続端子

EH-TW5650接続端子

EH-TW5650の接続端子を確認してみると、HDMI端子が2つ、パソコンとの接続用のVGA端子と最低限の接続端子が用意されています。最近はHDMIケーブルでの接続がメインなのでほとんどの方は問題は無いかもしれませんが、昔のレコーダーや再生機器などを接続しようと思うと注意が必要です。

画質を確認

スピーカー

EH-TW5650スピーカー

接続端子横には10W×1スピーカーが用意されています。迫力ある音質というわけではありませんが、HDMIケーブルで再生機器と接続すれば映像と音声を同時にプロジェクターに送ることができるので手軽にホームシアターを楽しむことができますね。

投写距離

EH-TW5650投写距離

100インチ時の投写距離は295cm〜478cmと広い範囲で設置することが可能になっています。EPDONのプロジェクターは他社に比べて比較的短い距離で投写できるので狭い部屋でも大きい画面を投写しやすいのでいいですね!

ズームとフォーカス

EH-TW5650ズーム、フォーカース機能

画面調整に必要なズームとフォーカス機能ですが本体上部のレバーで調整できるようになっています。
ただ、ズームレバーとフォーカスレバーが同じ形をしていて表記もないのでちょこちょこ調整しているとどっちのレバーなのか分からなくなる時があります。頻繁には使用しない部分ではありますが、ここはちょっと改善が必要だと思います。

上下のレンズシフト機能が搭載

EH TW5650 レンズシフト機能

EH-TW5650ではレンズシフトが搭載されました。ただし左右のレンズシフト機能はなく上部のみとなっています。レンズシフトが搭載されたことでかなり設置性が良くなりましたね。

メニュー画面

EH-TW5650メニュー画面

EH-TW5650の電源を入れると最初にメニュー画面が表示されるようになりました。わかりやすい画面で今の入力ソースが何なのかやカラーモード、Wi-Fi接続に必要が情報などよく使う機能にすぐアクセスできるようになりました。このメニュー画面はわかりやすくていいですね。

Wi-Fi対応

EH-TW5650 WiFi対応

EH-TW5650は標準でWi-Fiに対応しています。スマホやタブレットにアプリを入れてワイヤレスで映像を投影したり、パソコンの画面をワイヤレスで投影することが可能です。今回は試しませんでしたが、ワイヤレスでスマホに保存しているコンテンツを投影できるので便利な機能ですね。

Bluetooth接続

Bluetoothスピーカーとプロジェクター本体を接続することでワイヤレスで音声を出力することができます。プロジェクターの設置場所の関係上スピーカーが遠くなりがちですがBluetoothスピーカーと組み合わすことでより大音量で迫力ある音声を出力することが可能です。

画質を確認

EH-TW5650画質モード

EH-TW5650の画質を確認してみましょう。画質モードは合計6種類用意されています。

カラーモード:ダイナミック 明るい部屋での使用に適した色合いに調整します。
ブライトシネマ :明るい部屋での使用に適した色合いに調整します。[ダイナミック]に比べて鮮やかでメリハリのあるクリアな映像になります。
ナチュラル :暗い部屋での使用に適した色合いに調整します。
映像の色調整を行うときは、本モードを選択することをお勧めします。
シネマ:暗い部屋で映画やコンサート映像を楽しむのに適した色合いに調整します。
3D ダイナミック:3D 映像をメリハリのある明るい映像に調整します。
3D シネマ :[3D ダイナミック]に比べてきれいな色を再現します。

画質を確認するため、部屋は真っ暗にし、画質モードを「シネマ」モードに設定しました。

明るい映像

EH-TW5650 明るい映像

明るい映像ですが、しっかり色の表現がされていると思います。2,500ルーメン(最大)あるので、画面も明るく、メリハリの効いた映像という印象です。

暗めの映像

EH-TW5650 暗めの映像

暗い映像ですが、黒の部分を明るい部分との表現が豊かになっていました。コントラストが向上したことでより細かい表現ができるようになっていますね。

EH-TW5650まとめ

今回短期間でしたがEH-TW5650の設置性や画質を確認しました。前モデルのEH-TW5350より大幅に設置性や画質がアップしていました。コントラストが大幅に向上したことにより暗い映像でもより細かい映像表現ができるようになっていてこれからホームシアターを始める方にとって画質は十分満足いくレベルだと思います。

また、レンズシフト機能が搭載されたことにより初めてホームシアタープロジェクターを設置する形でも画面の位置調整がしやすくなっているのはとても良いですね。初めてホームシアターを導入する方はEH-TW650、EH-TW6700が候補に挙がる思いますが、価格や性能のバランスを考えるとEH-TW5650がコストパフォーマンスは高いと感じました。

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ビジネスプロジェクターランキング

ホームシアタープロジェクターランキング