EH-TW650レビュー コスパ最高のホームシアタープロジェクター!

EH-TW650 レビュー

エプソンより2017年8月末に発売されたホームシアター用プロジェクターEH-TW650が発売されました。
今回1週間ほどお借りすることができたのでレビューします。画質や設置性などチェックしてみましたが、EH-TW650は10万円以下の価格でありがながら手軽にフルハイビジョン画質を楽しめる機種としてホームシアター初心者にオススメの1台といえます。

スポンサードリンク

EH-TW650の特徴

EH-TW650はエプソンより2017年8月末に発売されたフルハイビジョン対応ホームシアター用プロジェクターです。販売価格は約10万円以下とホームシアター用プロジェクターのラインナップとしてはエントリークラスに位置するの機種です。

スペック

EH-TW650のスペックは以下のようになります。

機種 EH-TW650
明るさ 3,100lm(最大)
解像度 1920×1080
コントラスト比 15,000:1
スピーカー有無 2W×1
Bluetooth有無 なし
レンズシフト機能 なし
100インチ時の投射距離 227cm~275cm
本体サイズ(W×D×H) 302mm×249mm×87mm
重量 約2.7kg
騒音レベル 28dB(最少)

内容物一覧

EH-TW650付属品一覧

内容物はプロジェクター本体、リモコン、取扱説明書、電源コードです。

EH-TW650付属リモコン

リモコンはホームシアター用のリモコンが同梱されています。価格帯的にビジネスモデルのリモコンが同梱されている場合があるのですがしっかりホームシアター用のリモコンになっていますね。

ただし中級クラスのプロジェクターリモコンにあるボタンが点灯する機能はついていません。暗闇の中でリモコン操作するときにはちょっと操作しづらいそうです。

外観

本体デザイン、サイズ

EH-TW650本体サイズ

本体デザイン、サイズ本体はホワイト色ですっきりとした良い印象です。サイズもとってもコンパクトで重量も約2.5キロととっても軽量です。フルハイビジョン対応プロジェクターもここまでコンパクトになったかとしみじみ感じます。

接続端子

EH-TW650接続端子

EH-TW650の接続端子を確認してみると、HDMI端子が2つ、パソコンとの接続用のVGA端子と最低限の接続端子が用意されています。RCA端子も用意されているので昔の再生機器も簡単に接続することができますね。

画質を確認

スピーカー

EH-TW650スピーカー

接続端子横には2W×1スピーカーが用意されています。迫力ある音質というわけではありませんが、HDMIケーブルで再生機器と接続すれば映像と音声を同時にプロジェクターに送ることができるので手軽にホームシアターを楽しむことができますね。

投写距離

EH-TW650投写距離

100インチのときの当社距離は、227センチから275センチと一般的なプロジェクターよりも短い距離で大きいサイズの画面を投影することが可能です。一般的なホームシアタープロジェクターの場合、100インチサイズ投映時の必要投写距離は約300cm〜という機種がほとんどなのでEH-TW650は他のホームシアタープロジェクター機種に比べ短い距離で大きいサイズを投影できるようになっているので設置性が高いプロジェクターといえますね。

ズームとフォーカス

EH-TW650 ズームとフォーカス

プロジェクター本体のレンズ近くにズームとフォーカスレバーが用意されています。ズームにはしっかりと表示がされているのでズームとフォーカスどちらのレバーなのかわかりやすくなっています。

レンズシフト機能はなし

レンズシフトは搭載されていないのでプロジェクター本体の傾きを変えるか台形補正機能を使うしかありません。

メニュー画面

EH-TW650 メニュー画面

EH-TW650の電源を入れると最初にメニュー画面が表示されるようになりました。わかりやすい画面で今の入力ソースが何なのかやカラーモード、Wi-Fi接続に必要が情報などよく使う機能にすぐアクセスできるようになりました。このメニュー画面はわかりやすくていいですね。

Wi-Fi対応

EH-TW650 無線

EH-TW650は標準でWi-Fiに対応しています。スマホやタブレットにアプリを入れてワイヤレスで映像を投影したり、パソコンの画面をワイヤレスで投影することが可能です。今回は試しませんでしたが、ワイヤレスでスマホに保存しているコンテンツを投影できるので便利な機能ですね。

Bluetooth接続はなし

EH-TW650はBluetooth接続に対応していないので注意が必要です。上位機種のEH-TW5650であればBluetoothスピーカーと接続することで手軽に大音量を楽しむことができるようになります。より迫力ある音声をたのしむためには、有線でスピーカーと接続する必要があります。

画質を確認

EH-TW650画質モード

EH-TW650の画質を確認してみましょう。画質モードは合計4種類用意されています。

カラーモード:ダイナミック 明るい部屋での使用に適した色合いに調整します。
ブライトシネマ :明るい部屋での使用に適した色合いに調整します。[ダイナミック]に比べて鮮やかでメリハリのあるクリアな映像になります。
シネマ:暗い部屋で映画やコンサート映像を楽しむのに適した色合いに調整します。
ゲーム :ゲームを楽しむのに適しています

画質を確認するため、部屋は真っ暗にし、画質モードを「シネマ」モードに設定しました。

明るい映像

EH-TW650明るい映像

明るい映像ですが、しっかり色の表現がされていると思います。3100ルーメン(最大)あるので、画面も明るく、メリハリの効いた映像という印象です。

暗めの映像

EH-TW650暗い映像

暗い映像ですが、黒の部分がややグレーになっているという印象です。この黒い部分の表現についてはやっぱり価格なりの画質だなという感じなので映画をよく観るという方は気になる部分ですね。

EH-TW650まとめ

EH-TW650

EH-TW650は10万円以下とコスパが最高なフルハイビジョン対応ホームシアタープロジェクターです。画質については正直価格なりの画質という印象ですが画質よりもまずは大画面を楽しみたい、手軽にホームシアターを導入したいと言う方にはオススメなモデルだと思います。

また他の機種に比べて短い距離で大きい画面を投影できるレンズになっているので、あと数センチでワンランク大きいサイズの画面を投影できるのにと困っている方にはお勧めのモデルになるのではないかなと思います。

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ビジネスプロジェクターランキング

ホームシアタープロジェクターランキング