プロジェクター方式の違い(種類)とは?

プロジェクターとは、スクリーンにモニタ画像を映写する機器(投影機)のことです。
Blu-rayやゲーム機などを接続することで手軽に100インチ以上の大画面でゲームや映画などを楽しめることができます。
プロジェクターの方式は大きくわけて3種類あります。

スポンサードリンク

プロジェクターの種類

  • 液晶プロジェクター
  • DLPプロジェクター
  • LCOSプロジェクター

液晶プロジェクター(3LCD方式)

液晶方式

液晶パネルを内蔵し、放電光を利用した非常に明るい光源ランプからの光を透過させ、これをレンズを使ってスクリーン上に拡大投射する方式です。
液晶パネルの裏側から光りを当てて映像を表示するので、透過式とも呼ばれます。光を三原色であるR(赤)、G(緑)B(青)の3色に分解し、それぞれにLCDをを一つづつ割り当てて透過させ、カラー映像を作ります。

液晶プロジェクター(3LCD方式)のメリット

一般的に明るい映像をマルチに楽しむのなら液晶プロジェクターが向いていると言われています。価格も安く安価なモデルからスタンダードなモデルまで一般的に採用されています。プロジェクターが各メーカーから発売されていて、多くの種類の製品が揃っています。最近では性能大幅にアップし、高級機に迫る画質を表現するモデルも現れてきました。

液晶プロジェクター(3LCD方式)のデメリット

映像の黒部分が甘く、真っ黒な黒が少しグレーっぽくなる傾向(黒浮き)があります。また、昔のモデルでは画面に格子状の枠が見える場合があり、細かな映像を観る場合などには気になることもあります。

DLPプロジェクター

DLPプロジェクター

「DLP」とは「デジタル・ライト・プロセッシング」の頭文字をとった略語です。
DLP式はデジタルマイクロミラーという微細な反射型ミラーを使用した表示パネルを使用しています。鏡を使用して光を反射させ、光の反射角度により映像などの表示を行います。 DMDを1枚使う単板方式と3枚使う3板方式があり、前者は可搬型のデータプロジェクター、後者は映画館向けなどの大型プロジェクターに用いられています。

DLPプロジェクターのメリット

液晶プロジェクターと同様、安価なモデルからスタンダードまで各メーカーから発売されています。
コントラストが高い映像表現が可能でしっとりとしたおちついた映像となる傾向があります。塵や埃の影響を受けにくく、経年劣化が少ないというメリットがあります。さらに、1チップDLP方式の場合、プロジェクターを構成する部品の点数が少ないため、軽量・小型化しやすいという特徴があります。最近ではスマホサイズのポケットプロジェクターや価格が安いプロジェクターなどに採用されています。

DLPプロジェクターのデメリット

DLPの構造上RGBの切り替えを高速で行っているのでひとによっては映像に虹のような模様がみえる場合がある。(カラーブレーキング現象)
ただし、ハイエンド機などではRGB各色を連続投影するため色割れは起こらない。

反射型液晶プロジェクター(LCOS)

LCOSプロジェクター

LCOSとはLiquid Crystal On Siliconの略であり、反射型液晶素子のことです。
LCOS式は液晶式の一種ですが、表示パネルに反射型という特殊な構造を使用したタイプで、シリコン基板上に液晶層を設け、そこに映像などを表示させながら、基板背後の反射板でランプの光を反射し、レンズに導いて投写します。

反射型液晶プロジェクター(LCOS)のメリット

高解像度でコントラスト比に優れているといった特徴もあります。4k対応プロジェクターなど高解像度化、ネイティブコントラストが高くホームシアター用プロジェクターの高級機やビジネス用途では医療用向けのプロジェクターなどに採用されています。

反射型液晶プロジェクター(LCOS)のデメリット

高画質化な反面、その構造は複雑でプロジェクター本体サイズも大きくなりやすい傾向があります。また、価格も高めでスタンダード〜ハイエンドプロジェクターのみのラインナップとなり、機種は限られてきます。

まとめ

プロジェクター方式によって映像の傾向や価格などがある程度決まってきます。コンパクトでスタンダードなプロジェクターの場合、DLP方式が多く、プロジェクター機種が多くメリハリのあるような映像を好むのであれば液晶タイプ。そして、高解像度で高画質のスタンダード以上のプロジェクターの場合はLCOS方式の傾向があります。プロジェクターを選ぶ際の参考にしてください。

この記事をシェアする!

関連記事

スポンサードリンク

ビジネスプロジェクターランキング

ホームシアタープロジェクターランキング