EPSON EH-TW5350レビュー ホームシアター初心者におすすめなモデル!

EH-TW5350

2015年8月下旬にEPSONより発売したホームシアター用プロジェクターEH-TW5350を手にすることができたので紹介したいと思います!

スポンサードリンク

EPSON EH-TW5350の特徴

EH TW5350

EPSONが手軽にホームシアターを楽しみたい方向けに発売したホームシアター向けのプロジェクターです。価格はなんと10万円以下で販売され、フルハイビジョン、3D対応となっています。画面の明るさも2200ルーメンと明るいリビングでも視聴できるモデルとなっています。

10万円以下のホームシアタープロジェクターでは価格、画質のバランスのいいモデルです。

スマホ、タブレットと接続可能

EH TW5350 無線接続

プロジェクターとスマホ、タブレットを無線で接続すれば、スマホに保存している写真や動画を映すことも可能です。

内容物の確認

EH-TW5350内容物

付属しているのはリモコン、取り扱い説明書等が入っています。リモコンはホームシアター向けのリモコンではなく、ビジネス向け付属されているリモコンタイプに近いものでした。

付属のゴム足

同梱物で気になったのが、付属物に入っていたゴムです。高い位置にプロジェクターを設置したいという場合、プロジェクター本体を上下反転させて本体にゴムをくっつけることで反転設置することができるものです。これは以外に重宝しそうですね。

付属のゴム固定方法

説明書では本体の固定する位置が指定されていたので、プロジェクター本体のバランスを見ながら固定する形となりそうです。

ゴムで設置

試しに使ってみたら、意外としっかり設置することができました。

本体

EH-TW5350本体サイズ

本体サイズは幅297mm×奥行245mm×高さ114mmととってもコンパクトです。普通に雑誌と同じサイズなので天井に吊るした場合でも圧迫感を感じにくくなっています。本体色もホワイトとリビングに置いてもOK。

画質

EH-TW5350画質

一番気になるのがEH-TW5350の画質ですよね。画質については専門家ではないので一般人としての感覚で評価すると、初めてホームシアターを楽しむ人やコストパフォーマンスの高いホームシアタープロジェクターがほしい人にはおすすめのププロジェクターです。

解像度は1920×1080のフルハイビジョンに対応。明るさは2,200ルーメンもあるので、少し明るいリビングなどでも十分に楽しめそうです。ついでに3Dにも対応しています。

EH TW5350 画質モード

画質モードは4種類用意されていました。

ダイナミック 明るい部屋での視聴向け、画面がとっても明るくなる

ブライトシネマ 明るい部屋での視聴向け、画面がとっても明るくなり、メリハリのある画質になるモード

ナチュラル 暗い部屋での視聴向け、自分好みの画質に調整したいモード

シネマ 暗い部屋での視聴向け、映画やコンサートを視聴する向けモード

今回はシネマモードで見ていきたいと思います。

暗い映像

暗い映像

暗い映像では20万円以上するプロジェクターと比べると黒の再現性が足りないと感じますが、視聴することができるレベルです。

明るい映像

EH-TW5350映像

明るい映像の場面ではメリハリのある映像となり、印象はよかったです。

設置性

次にプロジェクターを選ぶ上で重要なポイントの一つとしては設置性ですよね。プロジェクターからスクリーンまでの距離(投影距離)や画面の微調整が行いやすいかを確認していきます。

投影距離は短め

EH TW5350投射距離

100インチ画面を投射するのに必要な距離はスクリーンからプロジェクターまで272cm〜327cmでした。だいたいのプロジェクターが最低300cm〜となっている機種が多いので短い距離でより大きい画面が楽しめる機種になっています。6畳の部屋でも設置方法によっては100インチが可能なレベルです。これはいいですね!

レンズシフト機能は搭載されていない

レンズシフト機能はなし

コストの兼ね合いでレンズシフトは搭載されていません。レンズシフトの有無で画面調整が相当変わってくるので、低価格機でもレンズシフトはつけてほしいですね。

画面の調整は歪み台形補正機能を使って補正するか、横からの投影でも補正できる「ピタッと補正」で調整します。

スピーカー

EH-TW5350スピーカー

プロジェクター端子部の左右に5Wのスピーカーが搭載されています。HDMIケーブルでブルーレイレコーダーなどを接続することで簡単にホームシアターを楽しむことができるようになっています。ホームシアターの一番の悩みは配線が面倒なので、ケーブル一本でホームシアターをたのしむことができるようになるのでありがたいです!

まとめ

EH-TW5350

EH-TW5350の画質や設置性を確認してみて、手軽にホームシアターを楽しむことができるモデルだと思いました。本体もコンパクトでスピーカーも付いているので、ブルーレイレコーダやパソコンなどとHDMIケーブルで接続してYoutubeを視聴したり、ゲームを大画面で楽しんだりと色々できそうです。これから10万円ぐらいの予算でホームシアタープロジェクターを検討している方には一番おすすめなモデルです!

この記事をシェアする!

関連記事

スポンサードリンク

ビジネスプロジェクターランキング

ホームシアタープロジェクターランキング